スピーディーミルネクストの製品紹介

スピーディーミルネクストのキャドの特徴

伝統の2D CADと世界標準の3Dカーネルがコラボレート

フレーム(平面)に描かれた2Dデータ=3Dデータ

2D CAD”Speedy”作図機能を完全移植。フレームによるデータ管理。修正機能が強化された寸法線。部品図作成に欠かせない詳細図枠・作図枠。モデルからの断面図作成や三面図展開など。使いこまれた2D作図機能を搭載。

「設計モード」= ダイレクトモデリングによる直感的な操作を実現

履歴ベースでないことから他CADからのデータ取り込みや設計変更が容易。トレースに組み込まれた2D要素自動分割機能が自然なモデリングをサポート。押し出しに代表される集約されたメニュー、面の修復・除去などの修正機能、これらが設計者の負荷を軽減します。

「部品モード」= 拘束と履歴によるパラメトリック設計

規格部品と類似部品の作成にフォーカスしたパラメトリックモデリング。2D形状に寸法拘束、角度拘束、距離拘束をあたえ、図形を変化させます。2D形状、3Dモデルの入力に変数式を設定し値を入力、履歴操作により形状を変形。呼び径を入力し変数表から値を引き落とすことも可能です。

スピーディーミルネクストの2軸加工の特徴

「加工シェル」と「ストック」が実現する大きな可能性

ストック、エアカットの少ない加工経路を作成

すべての加工で加工後のワーク形状の変化=「ストック」を算出。ストックからZ軸加工開始位置、Z軸逃げ量を決定。 エアカットを少なくするとともに、より安全な加工経路を求めます。

製品図
製品図
素材取りしろ形状
素材取りしろ形状
ストック
ストック

「プロフィール加工/多面プロフィール加工 」

モデルから凹凸や開口部を認識し、島や段差のある形状を一括して加工します。 輪郭・ポケットのほか加工対象に応じて、様々な加工方法を選択できます。

ポケット加工(オープン)
ポケット加工(オープン)
ポケット加工_説明図
ポケット加工(クローズ)
ポケット加工(クローズ)

「穴加工」

穴加工は、加工対象となるデータと工作機械の種類によって、3種類のパターンから選択します。

2軸加工2D図-穴加工
2軸加工2D図-穴加工
2軸加工ソリッド-多面穴加工
2軸加工ソリッド-多面穴加工
2軸加工ソリッド-5軸穴加工
2軸加工ソリッド-5軸穴加工

「高速ポケット加工」

タマネギの表面を剥ぎ取るような加工パスにより、加工負荷を最小限に抑え通常より深い掘り込み深さと、高速送りを実現。

円弧アプローチで常にワークに切り込むことにより、切り込み時の衝撃を最小にし、工具摩耗と発熱をコントロール、加工機にやさしいパスを生成。

高速ポケット加工
高速ポケット加工

スピーディーミルネクストの複合加工の特徴

3D CAD上ならではの画期的な操作性を加えた複合加工

複合加工には、旋削加工、5軸位置決めマシニング加工を基本構成とし、加工形状によっては同時3軸/同時5軸加工などすべてのCAM機能が必要です。

「B軸-角度面/側面」

2軸加工の面指定(機能)により基準面からの加工方向は自動的に求められます。特に意識しなくとも、B・C軸による加工面の割り出しが自然な操作で実現します。

「円筒面プロフィール加工」

2D図面で円筒の展開図を作成し、これをもとにNCコードを出力します。輪郭・ポケット・削り取り・溝加工、スタート穴加工を指示できます

スピーディーミルネクストの同時3軸加工の特徴

長年蓄積した加工ノウハウを織り込んだ3DCAM

同時3軸加工も同時5軸加工もすべて自社開発。CAMの操作が統一されています。ワークから効率良く削り出す各種荒加工、壁や水平部などを検出して適切なパスを出力する等高加工・断面加工、精度や面粗度が要求される部分では、2D曲線加工やモーフィング加工などが用意されています。

複合曲面を効率よく一括加工

指示された加工方法で素材から自動的に加工部位を求め、製品に仕上げます。

2軸加工と同時3軸加工の混在を可能に

Speedy mill Nextは、2軸加工から同時5軸加工まですべての加工をストックにより管理。前加工完了後の素材形状から次加工のパスを求めます。このことが2軸加工と同時3軸加工の混在を可能にしています。

スピーディーミルネクストの同時5軸加工の特徴

4/5軸加工と位置決め3軸加工の融合

仕上げ加工と荒加工のためのパラレル・モーフィング・スワーフ加工や局部仕上げ加工に使用するペンシル加工などの5軸加工機能では、パスの出し方・工具軸制御・干渉チェックの仕方を細かく制御できることが最も必要。また、柔軟で効率の良い加工と精度の保証のためには、5軸位置決め3軸加工と5軸加工が同時に定義できることが不可欠です。

「5軸パラレル加工」/「5軸モーフィング加工」

「5軸モーフィング加工」はパス生成面に沿って工具を動かす、最も基本的な加工です。
「5軸パラレル加工」はモーフィング加工を簡単化したもので、パス生成面を定義せずに、特定の軸・平面に基づきモーフィング加工します。

「5軸スワーフ加工」

パス生成面(ルールド面)に工具の側面が沿うように動かし、効率的に仕上げます。

スピーディーミルネクストの3Dプレート分解の特徴

金型の仕組みには、長年使われた基本的な構造があり、これらの仕組みをプレートの加工も含めて、データベース化することが、金型設計製作の効率化に不可欠です

ストリップレイアウト

製品モデルを展開しブランク形状を作成。ブランク形状をステージに配置し曲げ加工を指示。2D図でカットパンチと材料幅を作図し、これらからストリップレイアウトを作成。

2D作図による金型レイアウトの作成

上面図に、リフター、ガイドポスト、パイロットなどパーツの配置や曲げ型組込位置などを計画し、作図します。

作図/変更/移動

標準部品をデータベースより呼び出し、プレートに配置。同時にプレートに加工のための情報を附加し、標準部品形状とプレートの取り付け穴をモデリングします。プレート板厚を変更した場合は、再計算することにより部品形状が変化し取り付け穴の形状も変わります。

干渉チェック

「型開き」状態では、材料がステージピッチ分移動するとき、下型プレートに配置された部品と干渉するかどうかをチェックします。「型閉め」状態では、材料とプレート、材料と部品、プレートと部品との干渉をチェックします。チェックの結果は、「干渉」「警告」「一致」を表す3種類の色で表示します。

ページ上部へ戻ります